辻占リスト #000930~#000939

#000930
「不幸な話だ」
「まったくだよ!だが、まあいいや。だから、とにかく――俺は、何を話していたんだっけな」
「誰も信じられぬ、という話だったと思うが」
(「ルードの恩讐 グイン・サーガ〈99〉」)


#000931
本当のことを云っても、信じないのだったら、本当のことをいおうが、そうでなかろうが同じことだ。
(「ルードの恩讐 グイン・サーガ〈99〉」)


#000932
俺は、こうして、何もかもわかっていないまま、しかもそのことは大したことではない、というふりをしながら歩き続けていることに、突然、とても疲れてしまったのだ。
(「ルードの恩讐 グイン・サーガ〈99〉」)


#000933
「変わらない」ということについて、いまとなっては私は積極的に「それは罪悪である」「変わらないというのはそれだけでマイナーに変化しているということである」と思います。逆にいえば、あるものに「変わらないでほしい」と願うとき、すでに私たちは間違っているのだ、ということを強く思います。
(「ルードの恩讐 グイン・サーガ〈99〉」)


#000934
待つ身はつらい、ちゅうけど、ほんまは楽なもんやで。あんた、サンタクロースと、サンタクロースからプレゼントもらう身と、どっちが楽やと思う?
(「UMAハンター馬子―完全版 (2)」)


#000935
しかし、人気者の自分を演じるために明るく振る舞ったり、女の子の機嫌を取ったりすることに、どんな意味があるというのだろう。余分な人間関係を削ぎ落としてみて、はじめてそのために割いてきた莫大なエネルギーが、本当に無駄だったのだと思えた。
(「The S.O.U.P.」)


#000936
社会そのものがまやかしの集積でできているので、自由になるためには、できるだけ外に出なければならない。でも、「外」ってどこだろう。
(「The S.O.U.P.」)


#000937
ぼくは言葉で出来ている。
(「The S.O.U.P.」)


#000938
これから、起こることは、ある意味で茶番だ。しかし、コンピュータの歴史が始まって以来、一番クールな茶番だと僕は思っている。
(「The S.O.U.P.」)


#000939
ぼくに言わせりゃ、美しさの素質を持っていて、それを腐らせるのは犯罪なんだよ。
(「The S.O.U.P.」)