辻占 #004581

#004581
あの時も彼女は、自分と一緒にいることがつらかったのだろうか。
いったい、つらくなかったのはいつまでだったのだろう。
(「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」)