辻占 #004859

#004859
髪の毛はつかむたびに抜け落ち、もう一千年もだれもわたしにキスしてくれない。このように年老いるのは辛いものだ。
(「剣嵐の大地 (中)〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1877)」)