辻占 #005260

#005260
私はそれが不安だ。一度も過たなかった者が、たった一度、それも国政と言う大事で過ったとき、それを認めることなんて、できるのだろうか。
(「華胥の幽夢 十二国記 (新潮文庫)」)