辻占 #005295

#005295
恋が破れたとき、人はこれほどまで心に痛手を負う生き物なのか。僕はこんなにも人を好きになったことなど、これまでたったの一度もない。
(「偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)」)