辻占 #008160

#008160
いつかほぼ確実に、わたしの生存は彼に依存することになる。それはきわめて恐ろしい考えだった。
(「」)