辻占 #008202

#008202
人間たちは昼の光の下に生きながら、自らの欠けた何かを埋めるために人ならぬ者、夜に生きる者を求めたのでしょう。それが暗闇へ至る道と承知していても。
(「彼岸花」)