辻占 #008208

#008208
「その日が来るまで、あとどれくらいあるの」
「わからないよ。十年かも、それとも二十年かも。わかるのはその日がいずれやってくることだけ。それに、ほんのすこしの研究者を別にして、だれも変化には気づかない。だってあたしたちは、日常生活にブラックボックスがあることに慣れてるから」
(「色のない緑」)