辻占リスト #003850~#003859

#003850
やめよう。兵士が待機中に考えすぎると体力を消耗する。自分の仕事はコンディションの維持だ――
(「機龍警察 自爆条項 (上) (ハヤカワ文庫JA)」)


#003851
すべてが無難であるということは、すべてをないがしろにし、侮辱しているということである。
(「機龍警察 自爆条項 (下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#003852
子供はたやすく大人の偏見を受け入れる。
(「機龍警察 自爆条項 (下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#003853
あの人が私に注いでくれた愛情や思いやりに、私はどうやって応えればいいのでしょう?
(「機龍警察 自爆条項 (下) (ハヤカワ文庫JA)」)


#003854
「こちらの支配下に入れようとせず、単に状況と目的を伝えて、行動を促すのだ」
「それでは正しい行動を取らせることができません」
「正しい情報を伝えれば正しく動くはずだ」
「それならば征服したほうがより正確に情報を伝えられます」
(「天冥の標6 宿怨 PART 2 (ハヤカワ文庫JA)」)


#003855
「きっと何かをたくらんでいるのよ。でなくても打算があるに決まってるわ。好意でしてくれてるだなんて思ってはだめよ」
「打算ってどんな?」
「それはまだわからないけれど――」
「じゃ、とりあえずは好意だと思っておこう」
(「天冥の標6 宿怨 PART 2 (ハヤカワ文庫JA)」)


#003856
平和的な方法が可能ならそれに越したことはない。
(「天冥の標6 宿怨 PART 2 (ハヤカワ文庫JA)」)


#003857
無政府主義は大昔からあるが、それを実践する方法は長いあいだ存在しなかった。抑圧された人間たちはデモやストライキから革命にいたるまでの、さまざまな手段で権力に抵抗したが、どれも例外なく理想の実現した瞬間から腐敗を始め、血と泥と炎の中に潰えていった。なぜだかわかるかね。結局のところ、人間は孤独では生きられない生き物だからだ。支配されなければ幸福になれない生き物だからだ。
(「天冥の標6 宿怨 PART 2 (ハヤカワ文庫JA)」)


#003858
正義のない国家が栄えたことはあります。けれどもそういう国は内と外のどちらかに攻められ、長くはもたずに倒れました。悪が裁かれるからではない。国民自身が正義でないことに耐えられないからです。人は生まれながらに故郷を持つのでないにしても、生まれながらに正義を求める生き物です。だから国家は民衆に正義を示さなければならないし、それよりはるかに困難でも、実際に正義でなければならないのです。
(「天冥の標6 宿怨 PART 2 (ハヤカワ文庫JA)」)


#003859
今は、壁を立てるがいい、と胸につぶやく。
それが役に立つと思っているうちは。
(「天冥の標6 宿怨 PART 2 (ハヤカワ文庫JA)」)