辻占リスト #004820~#004829

#004820
これらの王たちがみんな剣を置いて、母親のいうことに耳を傾けるようになれば、世の中はもっとよくなるのにねえ。
(「剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)」)


#004821
自由になるというのは危険なことだよ。でも、たいていの者はその味を好むんだね。
(「剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)」)


#004822
世の中で、わたしの見るところ、優しさで金持ちになった人は一人もいません。
(「剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)」)


#004823
あなたに対してわたしの半分も忠実な男は世界じゅうに一人もいませんよ。
(「剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)」)


#004824
ぼくに理解できない能力をきみがマスターするのを、どうしてぼくが助けられようか?
(「剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)」)


#004825
行けったら。いや、留まるなら、そのほうがいい。しかし、行きたいなら、行け。
(「剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)」)


#004826
真実は、おまえの気に入らないだろうよ。
(「剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)」)


#004827
われわれが欲しいものと、手に入るものは必ずしも同じではない。
(「剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)」)


#004828
親しげな口をきく人間が、みんな真の友人とはかぎらない。
(「剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)」)


#004829
愛は必ずしも賢いとはかぎらないことを、わたしは学んだ。それは大いなる愚行に導くこともありうる。しかし、われらはわれらの心に従う。それがわれらをどこに連れていくにしても。
(「剣嵐の大地 (上) 〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1876)」)