辻占リスト #005270~#005279

#005270
会えぬと思うていた。このわたしを必要としてくれる者など、この世にいないのだと思うていた。ただ、独りでよいのだ。もしも、このわたしを必要としてくれるお方がこの世にいるのなら、そのお方のために、わたしは生きよう。それが、仏に仕えることじゃと思うていた。わたしはぶきっちょで、人よりもうまく何かをすることができない。しかし、こんなわたしでも、そなたのために生きることができるとは、なんとよろこばしい、なんと嬉しいことであろう。わたしは、そなたに救われたのだ。ありがたい、ありがたい……。
(「陰陽師 醍醐ノ巻 (文春文庫)」)


#005271
おまえと杯を交すこのような刻があるという、そのことだけで、おれは充分に満たされている。後のことは後のことだ……。
(「陰陽師 醍醐ノ巻 (文春文庫)」)


#005272
命は欲望をもってして輝く。当座であれなんであれ、欲望が命を輝かせるのだと、俺は知ってる。貪欲であればあるほど命が美しいのだとしたら、俺は当代きっての煤けた命に違いない。俺が命だとしての話だが。
(「みずは無間 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)」)


#005273
十七歳の女の子ほど凶悪な生き物がほかにあろうか。エネルギッシュな情緒不安定。
(「みずは無間 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)」)


#005274
だがあれほどのんびり開発したにもかかわらず、完成してしまう日は来るものだ。
(「みずは無間 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)」)


#005275
それは知るべきもので、恐れるものではない。たとえ自分たちが滅ぼうともそれは知るべきなのだ。
(「みずは無間 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)」)


#005276
俺は今でも人類の武器は恐怖心だと思ってる。
(「みずは無間 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)」)


#005277
動機がちらっとでもあったら、それは必然になる。退屈への対抗策としては、困難と危険性は非常に優秀だ。
(「みずは無間 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)」)


#005278
どこがわからないのかもわからない、インスピレーションもなにも湧いてこない、どう手を打ったらいいのかわからなくなって身動きできない、そんな状態に陥ると睡眠に逃避したくなるのは昔からの悪い癖だ。
(「みずは無間 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)」)


#005279
経験したこともないことを怖がっても意味ないだろ。
(「みずは無間 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)」)