辻占 #003077

#003077
しかしそれはすぐさま渇望へと変わった。それを受け入れることを葛藤するがゆえにである。すぐさま応じるのなら渇望などは生じない。
(「空の中 (角川文庫)」)