辻占 #003876

#003876
悲観主義で論理を詰めるということは、「そうなるだろう」「そうなってほしい」とう希望的観測と「本当にそうなる」とを区別するということです。
(「ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)」)