辻占 #004929

#004929
男というものはもう、ほんとうにどうしようもない大馬鹿。たとえ千年にひとりの逸材であっても、そこは同じなのよ。
(「乱鴉の饗宴 (下) (ハヤカワ文庫SF)」)