辻占 #006980

#006980
教師たちはしばしば彼女をおそれた。彼女は色白の静かな娘、与えられた問題をつねに理解している娘であった。
(「星の海に魂の帆をかけた女」)