辻占 #006981

#006981
彼女もおのれに忠実であるほかはなかった――それがなにを意味するか知るときは、永久に来ないにしても。
(「星の海に魂の帆をかけた女」)