辻占 #008033

#008033
「あなただって逃げてるでしょ」
「そのとおり。しかしおれは特定の場所へ逃げこもうとしている。それに対して、おまえはなにかから逃げだそうとしているだけだ。そこには天と地ほどの隔たりがある」
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)