辻占リスト #008030~#008039

#008030
恐れるべきなのだ。この裏切りと欺瞞の世界にあっては、恐怖こそが人を生き残らせる力なのだぞ。
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)


#008031
もうすこしで気をよくしそうになった。
(じっさいは、おだてるつもりでこんなことをいってるんだろうな。重要人物だといわれて、悪い気のするやつはいない)
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)


#008032
そうやって、一生、逃げまわる気か?
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)


#008033
「あなただって逃げてるでしょ」
「そのとおり。しかしおれは特定の場所へ逃げこもうとしている。それに対して、おまえはなにかから逃げだそうとしているだけだ。そこには天と地ほどの隔たりがある」
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)


#008034
いつもいってたわ、声がどうかなんて関係ない、だいじなのは、その歌が好きかどうかなんだって。
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)


#008035
武力をふるうはたやすい。しかしな、最終的にその代償を払うのは子供たちなのだ。
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)


#008036
だめよ、あの人を馬鹿にしちゃ。人との接し方を知らないの?
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)


#008037
弟というやつは、兄の呪縛から逃れられない。弟というやつは、百まで生きても弟のままだ。
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)


#008038
すべての者は死なねばならぬ。しかし、われわれは死の神の道具であり、死の神そのものではない。
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)


#008039
自分に望めるかぎり、もっともありがたい恩寵とは、死なのである。
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)