辻占 #008039

#008039
自分に望めるかぎり、もっともありがたい恩寵とは、死なのである。
(「竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 」)