辻占リスト #000060~#000069

#000060
もしもわたしが生きているということを大切に思うなら、それが終わることを憎まずにいられるものでしょうか。このわたしが永遠に命の続くことを願っては、なぜいけないのでしょう?
(「さいはての島へ」)


#000061
わたしは愛に値するものに自分の愛をささげました。それが王国であり、涸れることのない泉なのではないでしょうか。
(「さいはての島へ」)


#000062
考えてもみろ。昔、アメリカが禁酒法やった時、アメリカから酒が消えたか?売春防止法ができて売春がなくなったかよ?
(中略)
まっ、そんな訳だから、お前らも心配しねえで飲んで食って歌でも歌え……!
(「ギャンブルレーサー」)


#000063
なんだかとても嫌な気がする。しきりにする。
(「問題温泉」)


#000064
目出度さも ちう位也 おらが春
(一茶)


#000065
それは言葉による戦闘、と言えるだろう。負けるわけにはいかない。それに負けてもかまわないというのは、自分の存在を放棄するに等しい。その結果は、自分を失うということだ。わたしは、自分という存在を常に自身でコントロールしていたい。それはしかし、けっこう困難なことではある。人生とは、そういうものだ
(「永久帰還装置」)


#000066
人間はだれでも寿命まで生きる権利がある
(「永久帰還装置」)


#000067
きみがもし真に創造的な仕事がしたいというのなら、この仕事は向いていない。自分の好みを前面に押し出すわけにはいかないし、むしろそれを忘れなければこの仕事はできない
(「永久帰還装置」)


#000068
真の世界創造とは、自ら殺人者となってもかまわないという覚悟で世界を破壊し再創造していくことだ。それはテロリズムにも通じる。
(「永久帰還装置」)


#000069
みっともない真似はせず、余計なことに気を回さずに、仕事をしろ。あなたもまだ死んでいないんだから
(「永久帰還装置」)